2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ただいま☆
2010年5月22日 午後5時27分

かぁちゃんの自慢の一番子 ちょび 永眠いたしました

みなさま たくさんの暖かいお心を、この子に向けていただき

本当にありがとぉございました


がんばったね

ちょび19歳 

年齢を考えれば何年も前から、一日一日が感謝の日々。

昨年体調を崩してからも、できるだけこの子との時間をと

考えて過ごして来たつもりでした

出来るだけ家に居る時間を。そぉ考えて居りながら

連れて来られる仔猫たち。またボランテイアの預かりの子たち。

私が選択した出来事で、さらにこの子に負担を強いた気がします

何度かの急変でちょびの通院も多くなり

ちょびの為に時間を過ごしてやりたい、そぉ言い続けながらも

その後も、どの命もと、想う私の行動で、実際はちょび

あまり優先してあげれなかったね

自慢のちょび

いよいよと覚悟していながら、それでも急変して初めて事の大きさに

気づいて・・。

沢山のやむを得ない用事に気を取られている私を

ずっとそれでも待ってのことだった気さぇします。

もぉおうちでそぉっといておいてあげるしかないと解ってから

最後の最後にあまりに呼吸が苦しそぉで、いたたまれず

『ちょび・・もぉ一度だけ違う先生のとこ行く? 』そぉ訪ねると、

あれほど嫌がったキャリーに自分からはいりました・・

鳴けなくなってからのちょびとの会話は

昔からのお尻尾のお返事。

ぽんぽん と 動かします。

違うときは動かしません。

いいよ。で動かす合図。。

それでも無言でキャリーに入ると手で掻いて立ち上がり

入る姿・・

ちょびは生きることを最後まで諦めずに。

17日から21日の夜まで『病院へ行く。お薬打ってもらう』その意志を見せました。

会社に時間を貰い、ねーさんに病院の予約に走って頂いて。

先生に『この子は亡くなります。後は亡くなり方の問題ですね』

そぉ診断されてから、少し楽になった呼吸で眠ることが出来たかの様子。

それでも朝も夜もずっと苦しんで、立ち上がりまた倒れ その繰り返しに

ただただ傍で、話しかけて。

かしこかったね

一日ごとに、時間ごとに衰弱していく ちょび

もぉがんばらなくていいから、楽になって欲しい気持ちと

今までの長い長いふたりの時間の感謝と、いつも後回しで

わかってあげられなかった、不甲斐なさと、どぉして欲しいのか

詫びても詫びても、感謝してもしてもし尽くせないことを

話続けた時間でした

ここまで来ても、会社へ行かなくてはならない事。

私が居ても逝こうとはしない。お尻尾の返事は行ってらっしゃい。

無理しないでいいからね。行ってくるから。

待てなくてもいいからね。置いて行ってごめんね。

『猫たちも、自分の亡くなり方は選ぶのよ』

教えてくださった方が居ました。

逝く姿を見せたくないか、見ていてねと待つか。

だからこの子の意志に任せてあげるのがきっと答えなのだと。

21日金曜日仕事に出掛けお昼にもどりまた出かけて。

夕方『また病院へ行く』 とキャリーに入るちょびを連れてお注射を受けて

またさらに長く短い夜を過ごして

朝出かける私を見送り。。。。

22日土曜日、お昼休みに一度戻った時には

もぉほとんど呼吸も出来ない状態。。

それでも、行ってらっしゃいの合図に。声を上げて泣きたい気持ちを

抑えて。。

『そんじゃまたお仕事行ってくるね』の私の言葉に、顔を持ち上げて

こちらを見上げるちょびでした。

もぉ待ってはいられないだろぉと、年老いてから

一度も後追いをせず、私を見送り、出迎えて来たちょび

ことを繰り返し想いながら、仕事を終えて戻った時。

玄関で、しっかりと顔を持ち上げまっすぐに目を向け

待っていてくれました。

私が日常の生活に戻り、仕事へ出掛け『ちょびちゃんただいまぁ』

出迎える。

そぉこの子は決めていたんですね。

『 どぉしてもどぉしてもしんどいから待たなくていいよ 』

いくら言っても、待って。

『 ちょびー待っててくれたん?

ありがとぉね。ごめんね。偉いね。もぉいいよ。ただいまやよ。帰って来たよ。』


その言葉を何度も何度も。

抱き上げて、呼吸が少し落ち着いたちょび

寝かせ、もぉ飲めないはずのお水を飲む仕草をしたので

差し出すと、なんとか自分で一度。

後は口に少し入れてあげて。。

すっと立ちあがってまた何処かへ行こうとするちょびに

『もぉ動かなくていいから、おしっこだってここでしなさい。
 
 もぉしんどいのに、どこへも行かなくていいからねんねし』


そぉ私が手を添えた途端、苦しいと3度大きな泣き声を出して、

うずくまり、ちょびは最後の呼吸を

終えました。

私が帰宅して、ほんの10分ぐらい。

鳴き声を上げて逝きました。

お父さんと行ってて

生前父が以前の私のマンションの前を通って帰るとき

ちょびはベランダで

私の帰りを待っていたと。

父に逢って帰りがけは必ず、それは闘病中に付き添っていた時も

いつもいつも『 ちょびちゃん待ってるで、はよ帰ったり 』

『 ちょびによろしくな 』 そぉずっと言ってくれていました。

苦しみながら逝くちょびの横で

ありがとぉなー。ごめんなー。待っててくれて。

ずっと居てくれて。いつもおりこうさんや。もぉ逝って楽になりなさい。

おとーさんもぉ、ちょびを連れて行ってあげて。この子連れて行ってあげて。

そんなことを大声で叫んでいました。

先に行ってらっしゃい

あれご近所中に聞こえたね。。ちょび

ちょび 最後に大きく鳴いて

苦しかったね。

なにを言いたかったん? やっぱ文句言うたん?

痛いねんて言うたん? 苦しいねんで ?それとも かぁさん声でかいねんーって?

動物たちは、最後までも人間を恨んだりしないと。

でも、ちょび は

怒って文句言うたかもね?

先に光り輝くお空に登っててな。

いっぱい遊びに行っておいで。。

そんで・・そんで・・いつかかぁちゃんが逝くとき

お出迎えしてな。。。『 ちょびちゃん、お待たせぇ帰って来たよー』って

言うて逝くから

『 なるるぅーん』 してな。

それまで、お父さんと、みんなと、遊んでて。

ちょびが倒れてこの1週間で

かぁちゃん5kg 体重減ったよ。

お父さんが亡くなってもご飯食べれたのに、全然要らなかった。

丁度元気な頃の ちょび と同じくらい

持って逝ってくれたん ?

そやけど、まだ全然制服きついよ。

少なすぎるよ。

ちょび は最高の自慢の子やった。

そっちで、にゃんこ友達に噂になるくらい。

かぁちゃんこれから、がんばるわ。

『 あの人なかなか、やるで。痒いところに手が届く猫のかぁちゃんやで 』

そぉ噂されるよぉにがんばるわな。

そしたら ちょび

『 そぉちょびの自慢の かぁちゃんやねん』

言うてくれる?

『 しんどいときまで、声でっかいで 』

・・・・。


待っててね

ずっとこの先も一緒と約束しました。

待っててね。大好き。寂しくなるけど。一緒やもんね。

ちょびのお花

ただただ感謝の気持ちだけにして、3夜抱きしめて寝て。

明日、火葬します。

もぉこの子は苦しくない。それだけを救いに変えて。

この子のお骨は残しません。存在も思い出も全てここに。

目に見える姿とは、ほんの少しの間のお別れと想うことにして。

楽になってね

お悔やみのお花でもと、言ってくださった方へもお願いをしました。

その分のお気持ちは、今生きようとする子達へ、助けを求める子たちに

どぉか廻してあげてくださいます様に。

沢山のお心をありがとぉございました。

大好きやで

ちょび 最後まで、一番の

いい子でした。

みなさまの、暖かいお気持ちとお言葉を、この子に向けてくださって

本当にありがとぉございました

綺麗なババァ

哀しい別れの分、また幸せな出逢いに感謝して。

ちょび 2010.5.22 17:27 享年19歳。

この子と出逢えて、とても幸せでした
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

NO TITLE
ちょびちゃん、お疲れ様でした。
現世では、かぁにゃんさんと逢えて、家族になれて良かったね♪
最後に泣いたのは、悲しかったのでも、苦しかったのでもなく、

「ありがとう~♪」

と言ったのだと思います。
19年も猫生を全う出来たのですから、きっと、虹の橋を堂々と渡っているでしょう♪

ご冥福をお祈りします。
NO TITLE
ちょびちゃん最後までいい子で頑張ったんだね!
きっと、かぁにゃんさんと暮らせた事を喜んでると思います!
スミマセン。色々思うことはあるのですが、うまく言葉に出来ません。

ちょびちゃん虹の橋では、一杯遊んでいっぱい食べて、
だいぶ待ってもらうと思うけど、元気にかぁにゃんさんを待っててね~。

心よりご冥福をお祈り致します。
NO TITLE
あぁもう涙が止まりません。。。
ちょびちゃん、本当に最高に優しい天使のような子ですね。。。
とっても悲しい事なのに、それなのにそんなちょびちゃんに大切な事を教えてもらった気がします。

絶対かぁにゃんさんを待つんやって、
勝手に旅立って、かぁにゃんさんを悔やますのだけはさせたくないって、
玄関で待ってたら喜んでくれるかな?驚いてくれるかな?
ちょっとでも安心させられるかな?って。
自分も一番安心できるかぁにゃんさんに見守られながら旅立ちたいって、
最後はもうそれだけを考えていたのでしょうね。
自分で死に時を選ぶ。
ちょびちゃんはそれを望み、ちょっとサプライズを演出して、実行したのですね。
とってもかっこいいです。ちょびちゃん、すごい猫ちゃんです。

最後は、お小言でも文句でもなく、
絶対「今までありがとう。またね」だったんだと思いますよ。
かぁにゃんさんがちょびちゃんに思っている事と一緒だったと思いますよ。

猫も長く生きてると、人間の言ってる事、感じてる事、そのほとんどが分かるって言いますよね。だから、かぁにゃんさんが他の保護猫ちゃんの事や色々な事で忙しくなっていた時でも、心では通じ合っているからきっと理解して見守ってくれていたんだと思いますよ。
かぁにゃんさんとちょびちゃんの関係ってまさしく言わなくても分かるあうんの間柄だったんだろうなぁって思います。
きっと、飼い主としても、家猫としても、お互いに最高の関係だったのでしょうね。

天国へのお散歩、きっと体も昔の若い頃のように身軽に自由になり、
咲き誇る花を見ながら、のんびりトコトコ歩いているのではないでしょうか?
無事に天国に辿り着けること、
そして、またいつか、かぁにゃんさんとちょびちゃんが笑顔で再会できる事、
今は心より祈っています。

かぁにゃんさん、ぽっかり空いた心の穴と、看病の忙しさなどで体調を崩されたりしないよう、どうか体を大切になさってくださいね。

ちょびちゃんのご冥福をお祈りします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NO TITLE
ちょびちゃんお疲れさんでした。
かーにゃんさんの愛情いっぱいもらって幸せなニャン生だったと思います。

かーにゃんさんの帰りを待って、ありったけの力をこめて「ありがとう」と鳴いて虹の橋を渡ったんですね。今ごろ、お父様に撫でてもらってるかな…

いつも大切に可愛がってもらっていたちょびちゃんは、どんなに苦しくてもかーにゃんさんの帰りを待っていたのでしょう。きっと看取ってほしかったのだと思います。

かーにゃんさん、ほんとうにお疲れ様でした。おいしいものを食べて体力回復してくださいね。

ちょびちゃんのご冥福を心からお祈りします。
NO TITLE
ちょびちゃん、よくがんばったね~。
ちゃんとお仕事終わるの待って、最期に「ありがとー」って言ったんだ。
さすが、かーにゃんさんご自慢のお子です。
19年間もらったたーーっくさんの愛情を持って、お父様に迎えに来てもらって
きっと迷子にならずにお空に到着しましたね。
これからはお父様と一緒にかーにゃんさんを見守ってくれます。
心強い味方ですぞ^^

かーにゃんさん、淋しいと思います。
でもね、もかちょちゃん、じのんくん、あんあんちゃんが
きっと淋しさを少しずつ癒してくれます。
少しず~つムリしないで元気出してね。
でもなるべく食べて、よく寝てください。

ちょびちゃん、安らかに、ゆっくりおねんねね。
はじめまして。
ゴメンナサイ。。。こんな時に。
少し前からこっそりお邪魔してました。
愛しいちょびちゃん・・・おねんねされたのですね。

ウチにも猫がいるので いつかは迎えなきゃいけないのだな
と ときどーき ものすご~く不安になります。
想像しただけで涙になります。

だけどかぁにゃんさんも猫ちゃんも全力だから
私も見習いたいと思う。。。

ちょびちゃん もう少し早く出会いたかったな。
これからはお空からみんなをあたたかく見守ってあげてネ。

NO TITLE
ちょびちゃんもかーにゃんさんも、本当に、辛くて苦しい数日間だったと
思います。
ふたりのことを思うと、泣けてしまって・・

でも、ちょびちゃん、最期はかーにゃんさんを待ってたんだね・・。
かーにゃんさんのいないときに、自分が旅立ってしまったら、
どんだけかーにゃんさんが辛いか、わかってたんだ・・。
自分もかーにゃんさんの腕の中でサヨナラしたかったんだよね。
 
かーにゃんさんに看取ってもらえたちょびちゃん、よかったね
嬉しかったね・・。

かーにゃんさんも、少しずつでいいから、元気を出してくださいね。
明るくて面白いかーにゃんさんを、のんびり待ってますから。

ちょびちゃん、どうぞ、安らかに・・
NO TITLE
ちょびちゃんお疲れさま~~。
そして、かーにゃんさんもご苦労様でした。
生、死に関わるといつも自分の無力を痛感しますが、かーにゃんさんのちょびちゃんに対する愛情そして、ちょびちゃんのかーにゃんさんに対する愛情が文面からひしひしと伝わり、私も涙してしまいました。
私も、かーにゃんさんと同じで父を亡くしてるんですが、父が亡くなった時とは比べ物にならない位、飼ってる子が亡くなる事の方が辛かったです。
(正直まだ引きずってる子もいますから・・・)
ちょびちゃん、きっと歴代うちのニャンコ達と遊んでますよ!!

心よりちょびちゃんのご冥福をお祈りします。

NO TITLE
ちょびちゃん。。。
最後までがんばったね。
もう苦しくないからね。
痛くないからね。
涙でキーが打てないです。
いっぱい食べて、いっぱい走り回ってね。
そして、また会おうね。
ちょびちゃんのご冥福をお祈りします。
NO TITLE
ちょびちゃん、最期まで本当によくがんばりましたね。
病院に行こうと諦めずにいたのも、大好きなかーにゃんさんのそばに居たかったんですね、きっと。
ちょっとでも長く、そばにいるだけで幸せだったんでしょう。
かーにゃんさんも看病お疲れ様でした。
最期を看取ってあげられて、ちょびちゃん待っててくれて良かったですね。

ちょびちゃんのご冥福を心からお祈りします。
初めまして・・・。
かおりんさんのところで知りました。

長くて短い19年間でしたでしょうね。
最期まで一生懸命生きたちょびちゃんすごいですね。

今は神様の元でかぁーにゃんさんのことを見守ってらっしゃいますね。
NO TITLE
ちょびちゃん、おつかれさまでした。
正直いまはまだつらくてかなしくて泣きまくってるけど、
ちょびちゃんのがんばりのなかに、わたしはたくさんの言葉にならないものを見ました。
それを忘れず大切にするね。
ありがとう、ちょびちゃん。

いつまでもそばにいてほしい、でももういいんだと言わなければならないお気持ちが本当に痛くてつらくて、
先日もほとんど言葉にならないような書き込みしかできなかったんですが、
今もやっぱりそんな気持ちです。
ただお書きになっているように、ちょびちゃんはもう苦しむことなく、
待っていてくれた方にやさしく迎え入れられ、早速新しいお友達もできたかもしれない。
悲しいぶん幸せだったのだと思って、ぜ~んぶ感謝に変えて過ごすべきなのでしょうね。

ちょびちゃんはおりこうなにゃんこさんでしたよね。
きっとかぁーにゃんさんがほかの猫ちゃんたちになさっていることを理解し、
そんなかぁちゃんちのコであることを誇らしく思ってたんじゃないかな?
自分もまた自慢の一番子であることをちゃんとわかっていたはずです。
怒ってなんかない。ありがとうって言ったんだ。

ちょびちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
NO TITLE
ちょびちゃん、本当にえらかったね。
もう、痛くないね。

かぁーにゃんさん、お辛かったですね。
何をしていても、亡くなったちょびちゃんと、
ちょびちゃんを亡くされた、かぁーにゃんさんの寂しいお気持ちを思うと、
辛くてなりません。
こうして、お悔やみを申し上げていても、涙が止まらなくなってしまいます。

かぁーにゃんさんの帰りを最後まで待っていたちょびちゃん、
大好きなかぁーにゃんさんに、どうしても会いたくて、頑張ったのでしょうね。
最後に大きな声で、かぁーにゃんさんに挨拶したんですね。
ありがとね、の感謝の気持ちを精一杯込めて、鳴いたんですね。
19年間の、かぁーにゃんさんの愛情に、しっかり答えて旅立って行ったんだなぁと思いました。
かぁーにゃんさんに早く会いたくて、いつもベランダに出て待っていたちょびちゃん、これからも、大好きなかぁーにゃんさんといつも一緒ですよ。

お疲れ様でした。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます。
NO TITLE
ちょびちゃん、最期まで本当に本当に頑張ったね。
もう痛くないし苦しくも辛くも無いんだよね。
ちょびちゃん・・・お疲れさまでした。
天国からかーにゃんさん、もかちょちゃん、あんあんちゃん、じのん君を見守ってネ。

かーにゃんさん、お疲れさまでした。
出来るならゆっくり休んでください。
かーにゃんさんのお家の子で、ちょびちゃんきっと幸せでしたよ。

   ちょびちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます
ちょびちゃん ありがとう
ちょびちゃん、頑張ったね。すごいね。
もう、苦しくないね。良かったね。
かーにゃんさんの腕の中で、旅立っていけたんだね。
お水もらって、ご挨拶をして、本当にいい子で、旅立って・・・

かーにゃんさん、三日一緒に過ごせて、お見送りですね。
お疲れさまでした。
いっぱいいっぱい愛情貰って、かーにゃんさんの子達は幸せですよ。

ちょびちゃん、またね。

ちょびちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
NO TITLE
ちょびちゃんいい子で頑張ったね。
大好きなかーちゃんの帰りを待ったんだね。
かーちゃんにありがとうのご挨拶ができて安心して旅立てたね。
とっても安らかなお顔してますね。
幸せな19年間を寝顔から感じます。
虹の橋は楽園だと我が家のたくさんの先住者が申しておりますよ。
かーちゃんも安心して見送ってあげてね。
ちょびちゃんが虹の橋への道に迷わないように・・・。

ちょびちゃんのご冥福をお祈りします☆
NO TITLE
ちょびちゃん、かーちゃんの傍で虹の橋に旅立ててよかったね。
きっと最後に 「ありがとう」って鳴いたんだよね。
これからは虹の橋でかーにゃんさんを見守っててね。

かぁーにゃんさん、仕事もしながら大変だったでしょうにちゃんと看取ってお疲れ様でした。
ちょびちゃん、19年の猫生は幸せだったと思います。
今は涙が止まらないと思いますが、ゆっくりと体を休めてくださいね。

ちょびちゃんのご冥福をお祈りします。
NO TITLE
どんだけ長生きをしてくれたにゃんこでも、分かっていても
お別れは辛いものがありますね。
ちょびちゃんは沢山沢山のママからの愛情を受けて、そして
最後の最期までママに”おかえり”を言う為に待ってたのですね。
言葉は喋れずとも胸に感じる気持ちは人間も猫も同じだと思います。
好きなママを待っていたい、もう一度会いたい。
そして大好きなママの側でゆっくり眠れる事が出来て。
19年は本当に立派だと思います。
立派という言葉だけでは簡単過ぎて申し訳ないですが、でも本当に
そう思います。
19年分の思い出も全部持ってそして今度はお空からかーにゃんさんを
見守ってくれるでしょうね。
かーにゃんさんもお疲れ様でした。
寂しさは無理に拭おうとしても中々難しいものです。
無理をせず、そしてゆっくりと一日一日を過ごしてください。
かーにゃんさんの愛に涙しました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NO TITLE
かーちゃん、大丈夫?
コメントしようと思って、ここに来るとタオルを取りに行き・・・書けない・・・。
私でもこうなんだから、かーちゃんが心配です。

私は3回もちょびちゃんに会えてよかったです。
綺麗でフサフサで、誉れ高くて、かーちゃん大好きオーラ出しまくりの
カワイイちょびちゃん。
私も大好きでした。
ちょびちゃんきっと最後に
「ありがとう!かーちゃん大好き!ありがとぉぉぉ」
って言ったんじゃないかって私は思っています。


もかちゃん、じのんくん、あんあんちゃんは何か言ってましたか?
かーちゃんをなぐさめてくれてるんじゃないかな~と思っています。

ちょびちゃん、ゆっくりネンネして下さい。
いっぱい頑張って本当に偉かったね。
いろいろ教えてくれてありがとう!
ちょびちゃんりっぱです
初めましてかぁーにゃんさん、お疲れさまでした。
ブログに度々おじゃまさせて頂いておりました。
いつも愛情溢れるお人柄に心が暖かくなります。
すみません、涙が止まらなくて。
ちょびちゃん、かぁーにゃんさんをずっと見守っています。
ラムままさんへ☆
ありがとぉございます☆
ちょびは幸せやったかなぁ(~_~;)

今度産まれて来たら、もっと違うとこ行くわぃーって
思ってる気がします。

私は、まだ会いたくて。
ちょびじゃないとダメなんですけどね。

いかに甘えて来たかを、身につまされる思いです(~_~;)

けれど19年、猫にしては大往生♪
堂々とお空の上へ行ってくれたと思っています☆

感謝☆
レイパパさまへ☆
ありがとぉございます☆

ちょび凄い子でした☆
せっかくのご長寿・・私とで幸せやったかなぁ・・(・・;)

あまりに長く日常過ぎて、何が思い出というより
ちょびが居ないに、ただ違和感だけが。
一緒に寝てくれないとダメ。
頼りにしてしまっていたのは私の方でした。

待っててくれるかなぁ?

げーっ。かぁちゃん来よったでぇーって
逃げられないかなぁ(・・;)

そのいつかを楽しみに変えれるよぉに。
元気だしていきます♪

感謝☆
かおりんさまへ☆
かおりんさん。
沢山の想いのお言葉も、そしてブログでちょびのことも
掲載までしてくださってありがとぉございました☆

ちょび、最後まで意識がはっきりあって・・
昏睡でもいいから、眠れるといいのに。。

そのままねんねして逝ってくれていいのに
ずいぶんと以前から
ちょびちゃん元気で居ててね、まだまだ長生きしてね
かぁちゃんを置いて逝ったらあかんで
そぉ言ってきた分、無理をさせたのかもですね。

鳴いてお返事が出来なくなって
この子の声を聞きたいと・・まだそんなことを
想っていたから、最後に大声で聞かせてくれたのかも。。

文句でもなんでも。。
かまへんわ。。。

いつか向こうへ逝ったら、ちょびが勘弁してぇー
かぁちゃん嫌いーって言ってタッタカ走って逃げても
探し当てて、抱きしめよぉと想います♪

ぼちぼち元気出します♪

いつもありがとぉ<(_ _)>
ひややっこうさまへ☆
ありがとぉございます☆

ちょびを猫という感覚をなくして、居ないことを
心細く想っています。
いかに頼りにしてしまっていたのは
私の方だったと、実感しています。

こんな頼りない人、置いて逝かれへんわと
がんばってくれたのかと。。

見守ってもらってきたのは、私の方でしたね。

ちょびが私を好きでいてくれてたのだったら
いいなぁ。。
そぉ信じてまた逢えるまでをがんばります。

ありがとぉございました☆
ぶくぶくペンギンさまへ☆
ありがとぉございます☆

今までも沢山の子とお別れもあったのに。
ちょびだけは、どれほど私の方が甘えて来たのか
実感しています。

帰宅して、居てくれないと。。

ずぅっと傍で守られてきたのは私の方でしたね(・・;)

これから、またがんばらないと・・ですね☆
ちょびに叱られますもんね☆

いつもありがとぉございます☆
ぽちさんへ☆
ぽちさんありがとぉございます☆

どの子も逝ってしまうのは寂しく、かわいそぉで
辛いですね。

幾度も経験していながら、気づかないことが
あまりに多く、辛い思いをさせてしまいました。

ちょびだけは、私を置いて逝かんといて。
そんな風に心細さでいっぱいです。

今度はあっちで待っててくれるかしら? (・・;)

いーやーじゃーって逃げられないかしら ? (・・;)

もかちょ・あんあん・じのん・・も
さすがに何かを感じているみたいです。

でももかちょ、自分のご飯より、ちょびのお供え
食ったりします(・・;)

ゴリラはあほで困る・・・(・・;)

でもいつまでも哀しんでないで
ゴリラ達も大切にしなければですね。

ちょびがお空で、もぉ苦しくなく居てくれると
そぉ想って元気だします♪



あかとくろさまへ☆
ありがとぉございます☆

ご機嫌で居てくれるときは、つい当たり前と
想いがちで、どんどん先に大人になって
年老いて・・長生きしてくれても
置いていかれて・・辛いですね☆

ちょびに逢ってくださってありがとぉ☆

まだ私にも真っ黒ゴリラが居ます☆
がんばりますね。

ご訪問もさせていただきますね。
とんたさまへ☆
とんたさん☆ありがとぉございます☆

ちょびは、ずいぶんと永い間病気抱えていたんですね。
つい。そろそろと解る年齢の子でも
解ってもらうばかりで、解ってあげれていませんでした。

最期の毎日は、そんな私が突然ちょびを失って
おかしくなってしまわないよぉに
実感できる時間をくれたよぉな気がします。

いつも助けられてきたのは
私の方。。
そんな大きい存在の子でした。

あほゴリラが、それなりに気を遣って
わなわなと居て。
何か様子が違うぞと・・そわそわしゅん太郎しています。

元気出さねばですね。

しっかりしなくちゃ♪

いつもありがとぉございます。
mellgeさまへ☆
ありがとぉございます☆

私も今までお別れしてきた子も居て
どのお別れにも納得なんてできませんが

父が逝った時の想いもありましたのに、
ちょびには、私の責任と失う不安とに押しつぶそれそぉな・・。
相手は猫であって、猫でないよぉな。。
そんな存在とのお別れでした。

mellgeさん歴代にゃんこと、私の歴代にゃんこと
ちょび仲良くしてもらってるかな☆

感謝に変えてがんばらないとですね☆

ほんとありがとぉございます。


ぴなたさまへ☆
ぴなちゃま☆
いつもいつもありがとぉございます。

ブログにも載せてくださってありがとぉ☆

私がちょびのこと、ちゃんと見ていなくて
いつもいつもの失敗だらけで
最期までちょびを苦しめてしまいました。。

でもそれでもこんなに永い間傍に居てくれたことに
感謝ですよね。。

いつもありがとぉね☆
肴さまへ☆
ありがとぉございます☆

特に猫が、今まで嫌がった病院へ行きたがること。
不思議でした。。

最期の1週間は家中あちこちへ移動して座り込み
傍に居ても移動して。

どこにどぉ座っても倒れても
苦しくてじっとしていられないのかと・・
私が横に居ても嫌なのかと。。。

でもじーっとこっちを見ていたり。

ちょびが何を考えていたのか。
そんな考えても考えても仕方のないことばかり・・

恋しいですね。。
家=ちょびが待ってる
当たり前のよぉに想っていて。
いかにちょびに守って貰ってきたのかを実感しています。

気づくのが遅くて決して間に合っては
居なかったんですけど。
最期看ていられて良かったです☆


アビmamaさんへ☆
ありがとぉございます☆

思えば19年って凄い長いですもんね。
私もすっかりおばちゃんになりましたもん。。

そんな年月居てくれただけでも感謝ですよね。

あっちへ逝っても逢いたい。
生まれ変わっても逢いたい。

ちょびもそぉ想ってて・・くれるかなぁ(・・;)

レイママさまへ☆
ありがとぉございます☆

どこかでちょびのことを猫と想っていないよぉな。
この子が・・といいながら。。
頼ってるのは私の方で
もぉ逝っていいよといいながら。

それでもまだ私を置いてひとりにしやんといてって
想っていましたね。

まだゴリラ3匹がわしゃわしゃ
ふごふご走り回っているというのに・・(・・;)

長い年月居るのが当たり前過ぎて
何辛いことがあっても、ちょびが居てくれるから
寂しくないもんーって甘えてね。

ちょびは呆れ返ってたと想います。

これからはちょびに褒められる生き方をしなくっちゃ(・・;)
元気だします☆

ありがとぉございました<(_ _)>
みちもんさんへ☆
みちもんさん☆
ほんとずぅっとご心配かけて。
辛い話をごめんなさい<(_ _)>

ありがとぉございます☆
そのうちそのうちと、そぉ想っていても
正直かなりうろたえました。

逢えなくなる。。
それがこぉいうことだと。
いろんな子とお別れだってありましたのに
なかなか実感できないよぉな。

きっとそこら辺りに居てくれると想って。
またあっちで逢えると想って。

元気出しますよぉ☆
そんであっちで逢ったら聞いてみます。

なんていうたん? って。
ありがとぉやったでなら感動の再会で。
文句言うたんや・・やったら
そんでまた大喧嘩します☆

あーでもないこーでもないって
喧嘩して仲直りします☆

ありがとぉございました☆

ニャーヨさまへ☆
ありがとぉございます☆

ちょび長生きでおりこうな
一番の相棒やったのに、最期まで辛い想い
させてしまいました。

でもがんばって沢山のこと教えて
挨拶していってくれましたよ。

もぉきっと楽ちんになって元気りんりんの時に
戻って遊んでるかなって想うことにします。

もぉかぁさんこりごりーって、いつか逢ったとき
逃げても絶対捕まえてやる。

ガリゴリされても。

うちの子で居てくれたことに感謝して。
走り回るゴリラとがんばりますね。

いつもいつもありがとぉね。
ニャォりんさまへ☆
ニャォりんさん☆

ずっとちょびに付き添う一週間の間も
ありがとぉございました<(_ _)>

夜はあちこちへ移動するちょびに付いて、
ひんやりした場所へ倒れこむちょびに
タオルや毛布を敷き
冷えないよぉにと一緒に移動しては、
私は数時間眠って目を離してしまうし、
お休みを貰ったお昼もいったん会社へ出るし。
最期の二日間はいつも通りお留守番。

なのによくがんばって土曜日の夕方まで
待っていてくれたものだと。

ちょびが逝った瞬間は、あぁこれで苦しみから解放されてくれたと
ちょびは楽になれたんだと、安堵に近い気持ちでした。

それからが、姿が見えなくなることが怖くて。
3夜も抱いて寝てしまいました。

今も帰ると居る気がします。
逢いたいです。

情けないのは私ばかり。

でももぉちょびに心配かけないよぉに。
元気にがんばっていきますね。

見ていてくださって。
ありがとぉございました。

未来ママさまへ☆
ママ。ありがとぉございました。

ちょび最期まではっきりとした意識で
さぞ苦しかっただろぉと。
もう一度聞きたいと想ったちょびの声でしたが
大きく絞り出して
なんて言ったのか、それは逢ったときに聞いてみます☆

けれど、その後本当に眠った顔をして。
その安らかな表情にまた救われました。

もぉ子供の頃のよぉに、やんちゃに戻って
走り回ってますよね。

猫嫌いのちょび。。。お友達できたかな(・・;)
大好きだったうちのうさぎ達と逢って
はしゃいでるかな。

ちょびが良いところへいけるよぉに。
もぉ悔やまず。
泣いたりしないで。
がんばります。。。

ゴリラ・・・居るし(・・;)

ママほんとありがとぉございました。
ニヤキキさまへ☆
ありがとぉございます☆

ちょびの最期の言葉は、どんな文句だったにしろ。
苦しさからも開放されて、穏やかな表情でした。

あれは文句やったのかどぉかは、いつか逢えたら聞いて
感動の再会か、文句やったら喧嘩します☆

ひとりで暮らす私が仕事もありの中ちょびと最期に
これだけの時間を過ごせ、看取れたことに、感謝ばかりです。

ありがとぉございました。
sakazakiakiraさまへ☆
ありがとぉございます☆
ちょびのことで、寂しい辛さを思い出させてしまいましたね。

ちょびを愛して育てたというよりは、
いつも見守り居てくれた相棒でした。

短い命でもくるおしく悲しくて。
どんな長く居てくれても理解してあげれずに
つい悔やむことばかりになりも寂しいですね。

でも出逢いに感謝して、私も元気だしていきます。

ありがとぉごさいました☆
shiromedakaさまへ☆
ありがとぉございます☆

最期の最期にたった数分の為に
何日も何時間もの苦しさを続けて居てくれたのだと
感謝しなければですね。

思いもかけず、すっと逝く子。
その子たちもきっとまた選んで。

その想いをしっかり受け止めて
感謝していきます。

ちょびとお友達になって遊んでるかな☆

きっと清々しいところで、走り回ってますよね☆

ありがとぉございました☆
あいママさんへ☆
ありがとぉございます☆

あいちゃんは無事に手術そろそろ抜糸も終えましたか?
ご心配おかけして、ごめんなさいね。

ちょびは私の中ではやはり特別で、どの子も同じ
こんなときが来ると覚悟しつつ、かなりうろたえましたわ。

一方ゴリラ達も、やっぱりなんか様子がわかってるみたいです。
でも・・残念ながら、ちょびよりは、やっぱあほですわ。。

どの子もどの子の変わりににとは思えないけれど。
ちょびから貰った長い幸せと愛情分。
これからは、ゴリラ達を可愛がってあげなくちゃですね。

色々とありがとぉございました☆
マンゴーライチさまへ☆
ありがとぉございます☆

愛情溢れるなんて、お恥ずかしい。。
失敗だらけでして。
猫に甘えるよぉな生活ぶりで。

こぉしてブログで知り合えた方々から
いつも沢山思いやりと優しさいただいてます。

ありがとぉございます。

どこかで、ここ何年も落ち着きをなくした状態だった
気がします。
いつか来るちょびとの別れに
どこかで向き合うことが怖かったり。
預りで出合った子。
ちょびのことも、この子が居たことを
同じくみなさまにお話したくて
はじめたブログでした。

掲載も悩みましたがこぉしてお話いただけることで
とても救われたんです。

ありがとぉございます。
ちょっと力が抜けるほど、あほなゴリラの黒猫たちが
居ます。

この子ら、ほんまにちょびと同じ猫なんかなー(・・;)

そんなことすら想いますけれど。
そんなこんなもまたぼちぼち掲載していくつもりです。

またお邪魔もしますね。

ありがとぉございました☆

いつかは訪れてしまうお別れ…
辛いです。
ちょびちゃんは少しでも元気な姿をかーにゃんさんに見せたかったのでしょうね。大好きなかーにゃんさん だから。
ほんとに大好きだったんですね。
ちょびちゃん、かーにゃんさんに出会えて良かったね。
きっとちょびちゃんはいつまでもかーにゃんさん心の中にいてくれるでしょう。
おりんさまへ☆
ありがとぉございます☆

悲しいお別れを何度経験して
解っていながらも、ついも居てくれるのが
当たり前となって、いざとなってうろたえるばかりでした。

ちょびも仕方なしでも私が好きだったなら
嬉しいなぁ。。

テレビを見て笑えたりもするんですね。

でも。ふと逢いたいと泣けてきます。
しっかりしなくちゃ。
ゴリラ達もいっぱい遊んであげたりしてます。

ありがとぉございます☆
愛猫シロの時の事を思い出しました。とても寂しいですね。19歳も長生きできたのは、ストレスなく愛情いっぱいに育ててあげたからですね。亡くなったら、さきに亡くなった家族や友達にあえるので寂しくないですよね!
のんさまへ☆
ありがとぉございます☆

まだずぅっと頭から離れず
それでいて、まだ実感があるのか無いのか
居てくれるのが当たり前のよぉに生活してきたので
ふっと。。逢いたい。触れたいと苦しくなったりしますね。

けれど、もぉきっとふんわりと楽になって
こっちを見てたりするかな。
元気に走り回ってるかな。
そぉ想って元気で居ないとですよね。

シロちゃんと仲良くしてるかな。
ちょびは、こっちではにゃんこ友達居ない子だったんです。
憎たらしくお友達にシャーシャー言ってないといいんですけど(・・;)

いつかまたきっと逢えますもんね。

ありがとぉございました☆
プロフィール

かぁーにゃん

Author:かぁーにゃん
長女ちょびは2010年5月に
次女モカちょは2014年7月にお空へ☆
うちのこは、黒猫2匹となりました♪
真っ黒ゴリラ達とのうだうだな生活と、
友達・家族にゃんことの
日常なんかをまったりと♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
☆明日への活力☆
☆応援してね☆
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。