2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆鳩の思い出☆
歴代居てくれた動物達のことは未だに良く思い出す。




ある夜従兄弟から電話があって『鳩飼わへんか? 鳩。
高架の下に落ちてて怪我してる。まだ雛や、このままやと死ぬ』

届けられた箱をワクワクしながら覗いてみたら土鳩と言われる、
神社や高架に居るグレーと青紫の胸元の結構大きい子。

尾を怪我していて羽がボロボロ、怖がってバタバタしてる・・・。

ピーピーと鳴いてるけど。『大きいな、雛やないし、懐くかな』と思った。

家族中で検討の結果その頃みんなが大ファンだったドラマの渡哲也の
呼び名から『くろさん』という名前になった。

時代がバレる・・・それに雄やったから良かったけどね。

何日かしてくろさんは、箱から出て腕にとまったり
家族を覚えてピーピーと甘えて近寄ってくる様になった。

ある日ピーと言う声が詰まったのかな??? と思った途端、
『ぶぼぉ~』と鳴いた。。。びっくりした。大人になった。

ひとまわり体も大きくなって雄のくろさんは声変わりでした。
やっぱり来た時は雛やったんか・・・・と思った。

それから少しずつ庭に出して飛ぶ練習に入った。

父は小屋をつくり夜は小屋に、毎日食パンの『みみ』は人間に、
白い部分はくろさんに。

指で直径4ミリほどに丸めておやつとして毎日デレデレ甘やかしていた。

父の特別扱いである。

くろさんは尾羽が歪んで少ないまんまでも
すっかり回復成長して上手に飛べるよぉになり、2階の窓から入って来ては、
机の上で勉強の邪魔をしたり、玄関に立つお客さんの頭に止まって
家に入ろうとたくらんだり、お昼寝も一緒。

自転車に乗って帰宅する時に家まで200mはある角を曲がって来ると
電柱の上で待ち、飛んで来て肩あたりを低空飛行して家まで付いてくる。

毎日必ず出迎えに来た。

鳩がこんなに甘えたで賢くて可愛いものなんだと知った。

ポッポロポッーポーと鳴いてぐるぐる廻っては胸を膨らまし、
お年頃のアピールも出来る様になっていた。

こんなに慣れてしまって家族の一員となったくろさんも、

鳩なんやから帰巣本能はあるのかどぉか。
こんなに住宅地でいるより仲間の居るところへ行った方が・・
野良の鳩ちゃんを飼ってるなんて、糞害も、ご近所の手前など
父も色々悩んだと思う。

うちでもかなり自由だったけれど離してあげよぉと言うことで
家族全員で車で、3キロほどの保護した辺りでくろさんを放してみた。

『自由に生きていったらいい。どぉせ戻っては来れないやろう。』
そんな風に言う父も、実はそんなチャレンジしたくなかった私たちも、
夕方まで何度も空を見上げて・・・

『やっぱりよぉ帰って来やんのかな』と。。。。
『元気に生きていけるよな。。。』とかぐずぐす。

そんなに切ないなら遠くへ放さなければ良いものを・・・・・

もぉ空が暗くなるなとそろそろ諦めはじめた時に、くろさんが目の前に
飛んで帰って来た。

必死な様子で息をあげ、羽を広げて降りて来た。なんか泣きそうになった。

『くろさん♪お帰りっお帰りっ♪かしこかったなぁっ♪お水あげよっお水っ』
と・・・・訓練??? 成功ぉぉぉっ。これで完全にうちの子っっっ。

という結果になり。

『放しても帰って来てしまうんやからなぁ』とかなんとか・・・。

鳩でも、家族に捨てられたと思って必死で帰って来たんじゃないか、
その様子が切なくて可愛くて、立派に鳩になって誇らしいよぉな・・・

でももぉ2度と何処かへ放してみるなんて話は出ませんでした。

人に懐いて警戒心もなく、ぽっぽろぽっぽろ遊ぶくろさんは、
それなりに幸せだったと思う。

居てくれるのが当たり前と何年かして、くろさんは突然イタチに
襲われて亡くなってしまった。

野性でもあり得る事なんだろぉか。

人に飼われていた警戒心のなさもあると思う。

冬のお昼間に、庭で遊んで遊んでと誘うくろさんに、『また後で♪』
と言ったのが最後。

夕方くろさんが居ないと探す父の『あ~!!!』という声で・・最後を理解した。 

父は、縁の下で亡くなっていたくろさんを、いつものお墓に埋めてから
『みんな来てや』と呼んだ。


残酷な姿を子供には見せないように、バラバラになった体をくろさんの
形のままに頭と羽と脚を並べて。

軽く土をかけて横になって寝ている姿にしてお葬式をしてくれた。

ごめんね。いっぱい有難う。かしこかったね。苦しかったね。ごめんね。

頭を撫ぜたらぐらっと位置が動いてしまう。

うわぁぁぁぁぁ~と泣くしかない。

そんな亡骸を拾い集めた父はどんなに苦しかっただろう・・・。

『ねぇちゃん♪遊んで遊んでっ』と甘えていた姿が今でも消えない。

『後で』 は無かったんやね。。。離れてごめんね。。。。

未だ神社や公園で、にどんなにたくさん居る鳩の中にも、
くろさんにそっくりさんさえ居ない。

柄も顔も違いってちゃんと分かる。。。。

姉と良く話す。『あんなに可愛いハトはくろさん以外居てないね。』

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぁーにゃん

Author:かぁーにゃん
長女ちょびは2010年5月に
次女モカちょは2014年7月にお空へ☆
うちのこは、黒猫2匹となりました♪
真っ黒ゴリラ達とのうだうだな生活と、
友達・家族にゃんことの
日常なんかをまったりと♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
☆明日への活力☆
☆応援してね☆
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。