2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆素直な優しさ☆
子供の頃、とても気弱で泣き虫だった私・・ 

今を知る人は皆『 げー 信じられへんわー』と口を揃えて言う・・

厳格で優しく明るい父 優しく献身的な母

しっかり者で天真爛漫な姉 そしてあかんたれの私

あかんたれってなに?


私だけが、なんだか、変わったなぁと感じる

はっはー自分でもどぇりゃーびっくりっすわ

背後霊さんが変わった訳でも、何か努力した訳でもなく

いけない部分だけが成長して、だらしのない性格のまま

ただ偉そうになって気が強いおばちゃんになってしまったと思う

おっとりして見える なんのなんのそこら辺りでおっさんや、

意地悪な人相手に、平気で暴言吐いて喧嘩もしてきた・・・

一族の血が騒ぐから・・それはあるかも・・・

でもただのかんしゃくの場合も・・多々 ( 30歳過ぎてからイライラするー )


あーまたやってる・・


素直で居る
ことが間違いのよぉな・・・


素直ってどーゆーこと?


大人やねんから・・と言う勘違いを沢山していたなぁと・・

人に優しくしなさい・・そぉ教えられたのに・・・

その強さ も無いままに自分には優しい大人に・・ はい。私がそぉです。。

ありがとぉってなぁに?


最愛の父が亡くなりもぉいい歳になって、素直で正直に生きることを

今更になって忘れていたことに気づかされている

おかげさまで・・無駄な悔し涙は流さなくなって、ただ胸が熱くなって泣く

そうしてを通じてもまた、その素直な優しさを、たくさんの方から・・

繰り返し贈り物のよぉに、頂いています

先日 ある小学生の男の子からメールを貰いました 

卒業最後の課題で 下級生に残す一冊本 を作る

そのテーマは 猫の保護活動について 

なので、アンケートにご協力くださいとのことでした 

今の子供たちって凄いなぁ・・そぉ漠然と思いながら

何度かメールのやりとりをして

あまりもしっかりと完璧な文章なので、一応大人のつもりの

私は、恥ずかしいぐらい、つたない文章で返事をして 焦りましたわ・・正直

そしてお母さまからのメールと共に完成したその一冊本

もし良かったら見てやってくださいとまで言ってくださって

そしてお約束通り、送って来てくださいました

暖かい贈り物


それはとても、子供さんらしい素直な文面優しくて、まっすぐで

暖かい気持ちしっかりと現実を見据えた すばらしい一冊本でした

たくさん辛いこともあるこの世の中も、なんのなんの。

まだまだ捨てたもんじゃないぞっと

胸が熱くなるよぉな、勇気の出る内容でした

ブログをしていて、良かったみなさんに見てもらいたい

そぉ思っています

ここで内容の公表はできないのですが、家族と友人にはとお願いしてあります

そしてまた ブログのお友達の方にも是非どぉぞと、お許しを貰いました

メールフォームからお送り先を教えてください。

今までは辛い現実があって、でも どぉかこの先は、沢山の可愛い命が

まめお

愛されて守られる世の中であって欲しいと

たびお

子供たちも、素直に願ってくれています


姉の友人のラムちゃんママにも、この優しさを教えてもらったんです

を初めて飼うことになったご家族が沢山の仔猫の中から 片目の不自由な 

ラムちゃんを選ばれた理由は、息子ちゃん達が

あの子がいいだって他の子はお目めも悪くなくて可愛いから、

きっとすぐにおうちが決まる

だからあのお目めの悪い子を、うちの子にしてあげて 


そぉお願いされたからだった ということを。。

歩いてごらん?

そしてラムちゃんは、小さな体で痛くて辛い長い治療をがんばってくれて

優しいママとお兄ちゃんたちに見守られて、その後

片方の眼球摘出の心配もなくなり、溺愛されています

 とてもべっぴんなお姫さまです 

保護主さんがラムちゃんが捨てられていたのを発見できたのは

人間に虐待を受けたのち、保護されたわんちゃんが体も弱りきり

最後のお散歩の時に、リードをぐいぐい引っ張って

見つけて必死で訴えたから・・だったとも聞きました

命を誰よりいつくしむべきは・・・

この世に生を受け、育ててもらい、大人になれた・・・私たち

ぼかぁうたえちゃんが・・

生きることを諦めない犬や猫たちのことも、ちゃんと解って

子供達は、素直な優しさを持っている

ちっち出るぅっ~

守ってもらって、贈り物をもらっているのは・・・

大人だと思っている私なんだと、胸が熱くなりました

悲しいことがなくなりますよぉに

みんなが平穏で居られますよぉに

大丈夫


いつもありがとぉございます

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
素直に怒って

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
喧嘩上等

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
一応・・謝るけどねー
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NO TITLE
確かに、沢山の愛情をいっぱい受けて、
今ここに生きてる大人になった私達が、
かけがえのない命の芽生えに恩を返す事が少なくなってきてますね。。。
本当は率先して情けの心を持たなければならないのに。

かぁにゃんさんの記事で改めて自分を振り返る事ができました。

そういった意味でも、
かぁにゃんさん達の活動には頭が下がります。
そしてまっすぐで純真な子どもたちの心にも、とてもジーンときます。

私も直情型で、普段はのほほんとしてるように見えても、「これは絶対間違ってる。」と、どう考えても理不尽だなと思える事があると、相手が誰であれ、自分の立場がどうであれ、強い事を言ってしまう傾向があります。
それを「今時期、はっきり物が言える人は貴重だよ~」と慰めてくれる人はいますが、でも、本当の熟成した大人って、言いたい時に言いたい事をぶつけるのではなく、一見穏やかに接していても、最終的には自分の思っている事を分かってもらい、納得させて人を動かす。そういう方法がとれる方なんですよね。
と、頭では分かってはいるんですが、まだまだ私は自己中でわがままな未熟者です。
今も過去も、プツンと切れるたびに猛反省してダメージを受ける日々です。

いつか…目指す大人になれるかな?
心は30年以上生きた今でも幼稚なままです。

それでも、自分が正しい、やらなきゃ、と思う事は
やっていきたいと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NO TITLE
おめめの悪い子をうちのコにしてあげて、って言ってくれた
息子ちゃん達、
『猫の保護活動について』って卒業課題を本にした
小学生さん達・・・すごーくココロがあったまりました。

日本中のコドモがみーんな、こんなコばかりなら
可哀想な、わんこもにゃんこもいなくなるのにな・・。

かーにゃんさんは、たくさんのにゃんこを保護して、
可哀想なコたちの現実も、いっぱい見てしまうけど
だからこそ、たくさんのヒトや、コドモちゃんの
素直な優しさにも巡り合えるんですよね・・

すごく、ステキな事だと思いますi-176

オトナになるにつれ、だんだん打算や計算を覚えてしまった
ワタシ・・(笑)
ちょっと純粋なココロをとりもどさなきゃっi-201
でも、ワタシも最近イライラするー(笑)
一緒にレオタード着て、リボンくるくるしちゃいましょうか!


NO TITLE
世の中捨てたもんじゃないですね♪
お目目の悪い子を・・・って子や、保護活動に興味を持った子。
こういう子供ばかりだったら、虐待するようなアホな大人
なんていなくなるのにね。

「30過ぎたらいらいらする」のいとうあさこ(だっけ?)のギャグ、
大スキ!たくさん共感するところがある・・・(涙)

気弱で泣き虫のままじゃ世間は鬼ばかりで渡れないから、
きっと背後霊さまが強くしてくれたんですよ(^^)
優しさはそのまんまでね♪

かわいいにゃんずの写真に癒されましたv-238

NO TITLE
あのね、さっき偶然立ち寄ったブログ記事で泣いて来たのに・・
また、かーちゃんブログで胸が熱くなっちゃった。
暖かい気持ちを持った子供たちが育ってるんですね。
ラムちゃんをうちの子に・・と言った息子ちゃん。
子供に教えられてしまいますね。
すてきなお話をありがとう^^
かおりんさまへ♪
いつもありがとぉございのす(*^_^*)

意外と仲間でしたかも・・m(__)m "^_^"

でも私は、周りもびっくり驚くぐらいの・・
吉本新喜劇型でして・・・恥ずかしいのよ・・

年齢もね・・干支一緒じゃないかしら・・ぐるっと私一回りほど上・・

私は活動と言ってもらえるほどのことは、結局できていないまんまでした。
生活をしていて、少し多く巡り合った子たちが居ただけでした。

いったんTNRも保護もお預かりもおふくシッキャンでおいて。
じっくり足元と、うちの子と向き合うことからです。

でもまたいつか、出会ったら♪
また喜んで涙の卒業を目指したいですね"^_^"

子供たちに、心打たれた、そんな出来事でした。
ぴなたさまへ☆
ありがとぉございます♪

本当にぐっと来た出来事でした(*^_^*)
何が怖いのか、何が恥ずかしいのかを間違ってる気さえしました。

だってね・・この歳で本音と直球で行くとき・・だいたい良くない
ことでやってしまうもんですから(~_~;)

でも、正直で素直でいきたいですもんね。

大人になっても、褒められて育ちたいですー(*^_^*)

とんたさまへ☆
いやーん。
私が着れるレオタード探すとこから挫折しそーですわー(~_~;)

とんたんたん&かーちゃんで、スカッとしましょっか? (*^。^*)
乾いた笑い声得意ですよー(~_~;)


猫たちのおかげで、癒されて、そしてとんたさんやブログのお友達
そして、子供達もと嬉しいんです♪

私は子供も居なくて、感情を出し合って会話することも
無い分、ラムままボーイズの考えや、今回の彼のご本で
目から鱗というか・・本当にじーんとぐっと来ました。。

そんな優しさをしっかり表現できる子供達が居る。
子供さんたちもちゃんと見ていてくれているんですね♪

そうしてこの先は、
将来は、可愛そうな子たちが、居なくなる日本であって欲しいなぁって。



ぽちさんへ☆
ありがとぉございます(*^。^*)

やっぱ背後霊さんのお力もあって、スッキリハッキリ
時にはバッサリ出来る強さもらったんでしょうか(*^。^*)

私あさこちゃんよりもぉっと過ぎてるんですけどね(~_~;)

たまには、そぉたまには、笑いながら明るく暴言吐いてスッキリするもの
良いですやんねー?

素直にならなきゃって思いつつ、優しいと穏やかにキレるを
また間違いそぉだ・・(~_~;)
ぷぷぷ (*^。^*)

猫を通じての子供さんたちのことで、
本当に素直に、かわいそう。
それは間違いです。
大切にしたいですって勇気をもらった気がしましたよ。

そしてご本の彼は可愛らしい子供さんで
飼い猫ちゃんとたのしそぉなお写真もあって。


大人の私たちが、出逢う世間では時に・・
何を甘いことゆって・・とか・・
事情だの、なんだのその後にごちゃごちゃとイライラするが
付いてきたりもしますけど。

そんなこたぁー関係ない。
命が何より大切で何が悪いって。。

これからは諦めたりも喧嘩もしないで、良いことだけを暖めていこうって
ブログでぽちさん達と出会わせてもらって
優しいご縁もらったり♪

そして子供たちはすばらしい♪
そんな嬉しい気持ちになりました。




未来ママさまへ☆
あちゃー(~_~;)
未来ママ。ありがとぉございます(*^。^*)

ラムちゃんの出逢いのお話は、思い出して書いていても
文字がにじんでしまいますm(__)m
息子ちゃんたちの気持ち。
そして見つけたワンちゃんが、最後に助けてくれたラムちゃんだったと。

このテーマを選んだ彼も。
でもそれ以上に内容にも心打たれました。

お金儲けや、色んな打算で命を粗末にする大人が居る一方で。

身近な出逢いで、幸せな暖かいことを知れて嬉しかったです。
ぐっとくる涙をいっぱい・・おかげで、鼻炎+の鼻づまりも
頭キーンってなりながら、それも・・なんか嬉しいです(*^。^*)

未来ママ・・いつもありがとぉ♪
NO TITLE
何時も優しく素直な大人でいたいなと思いますが
体力、知力が下り坂・・・・ぁぁぁ・・・
でも頑張って真っ直ぐ生きていれば
良い守護霊さんが付いてきて下さるそうです。。。
イライラ・・・・私も多いです。(>_<)
動物と一緒に暮らしていなかったらもっとイライラしていて
うつ病になっていたかも知れません。
動物は癒し、子供は国の宝物ですね。。
えへへ・・。
動物好きな長男坊は、ガリガリに痩せてしまった目も見えない子猫ちゃんを拾ってくるような子でした。
でも、その子は病院へ連れて行く道中で亡くなってしまいました・・。
私が動物を飼うことに自信がなく・・・・、それでも動物好きな長男坊のためにとハムスターを飼ったり・・。
ハムスターも脱腸になったり・・で病院通いが続き、亡くなってしまいました。
それからも何匹かハムスターを飼ったけれど、いつの間にか長男坊は亡くなってしまう動物に涙することを嫌がり
「もぅ、動物飼わへん。死んでしまうと嫌や」と言うようになりました。

何を隠そう、猫ちゃんを飼うこをに反対したのは長男坊でした。
「また悲しい想いするのは嫌や」と言っていたのを「猫ちゃんは20年くらいは一緒にいられるよ」と言い
「それなら飼いたい!!」と。

近所で保護活動をしている人に猫ちゃんを見せてもらい、可愛い子一杯。
沢山写メールを撮って、「どの子がいい?」と聞くと
「片目の子。他の子はきっと誰かに貰ってもらえる。その子はきっと残る」
と言ったのも長男坊。
私も、くりくりお目目の怖がりラムちゃんが可愛い!!と思ったのですけど・・。

猫風邪と、コクシジウム、両目がふさがっていて、左目は眼圧も上がって飛び出している状態でした。
痛みも出て来ているので、取ったほうがいい、と言われていましたし、その覚悟で引き取りました。
毎日毎日、目薬にコクシジウムの飲み薬。

病院で、何度も何度も両目を切開してもらい、辛い日々をラムちゃんは耐えてくれました。
保護された子、それぞれに物語があり、その子たちは本当に選ばれた子なのだと思います。
人間の手によって、悲しい運命を辿った子たちだけど、それでも助けられた子は人間の手によって生かされる。

ラムちゃんも、きっと沢山怖い思いをして生きてきたであろうと想像して切なくなります。
今でも家族以外の人間は怖い~!!と姿を見せることはありません。

それでも、ラムちゃんのお蔭で家族は皆幸せなのです^^
かぁにゃんさんは、そうやって、沢山の家族を幸せにしているのですよ^^

うちの子の話を紹介してくれてありがとう♪
たいがさまへ☆
ありがとぉございます♪
たいがさんは優しくて素直で素敵です♪

私は自分でも・・最近すさんでるな・・と思ったり
人に呆れられたりした時に、背後霊さんが・・なんて
言ってはあきませんね(~_~;) 反省

ほんと子供さんは宝物ですね(^^♪

そして犬や猫や動物たちと出会うことで
私もたくさん心の贈り物をもらっているんですね♪

辛いこともあっての上で、多少のことでは笑っていられたり
感動して泣いていられるだけ、幸せなんだと想います(*^_^*)

みんなのおかげだー♪
いつもありがとぉございます♪
ラムままさんへ☆
ラムまま♪
たくさんの想いも深く知らずにごめんなさい。
そしてなによりありがとぉございます。

ラムちゃんのこと、そしてお兄ちゃんの意思がずぅっと心に響いていて
いつか、みんなに話したいなぁと思っていたんです☆
出逢った子を失う辛さをいっぱい経験した上でのことだったんですね。

なおのこと、ラムちゃんの治療中は、心が痛む毎日でしたでしょうに。
コクシジウムは、本当にこれでもかこれでもかと
発症していなくても、根気の要る投与と消毒。。
小さい体で痛みと不安でいっぱいのラムちゃんなのに
まだ辛い治療を見守ってあげないといけない。

本来なら、一番天真爛漫に生命力に溢れている時期の子の
辛さごと愛してあげて。
その決断と愛情には、ほんと頭が下がる想いです。
ラムちゃんはまん丸お目めで、べっぴんさん♪
愛情いっぱいに包まれて、ワクワクしたり♪
甘えたり♪本当に幸せにゃんこになれたと思います♪

ママが話してくださった時の命のバトンという言葉が
いつも頭にありました。

そしてそんな優しい思いやりと勇気をもった子供さんに
育てられたママ。大尊敬です。

本当の愛情に包まれて幸せなラムちゃんと
なんて暖かい家庭なんだろぉと、私まで愛情をいただいた気持ちです。

いつもありがとぉございます(*^_^*)
NO TITLE
動物を虐待するのも人間の手なら、かまれても引っ掻かれても優しく差し伸べるのも人間の手なんですよね・・・。
ラムちゃんママさんやその息子さん、メールをくれた小学生、この子たちが大人になった時には不幸な動物達が存在しない世の中になってくれる事を願うばかりです。

大人になると計算された優しさとか、うわべだけの優しさも多くなりますよね。
子供の素直な優しさ・・・見習わないとですね。
ニャーヨさま☆
ありがとうございます☆

不幸な事件が多い中で、今回は子供さん達の素直で
まっすぐな優しさに触れて、嬉しいです。

猫たちのことで、一喜一憂してる私たちも
側に居てくれる幸せを毎日貰っていますもんね♪

みんな、同じ人の手なら、優しく差し伸べる手が
当たり前の世の中に♪ですね(*^。^*)

いつもありがとぉ♪


NO TITLE
「下級生に残す一冊本」の発案者の、小学生の男の子に拍手v-424です。
優しく、鋭い、問題意識を持って、猫の保護活動についての実態をレポートとして、まとめた冊子なのでしょうか。
素晴らしいですね。
こうした、子ども達の行動が、不幸な犬や猫の命を救っていくことに繋がっていくんですね。
敢えて、ラムちゃんを選んでくれたお子達にしても、世の中、本当に、まだまだ捨てたもんじゃないv-219という事を改めて感じさせていただいた、ステキなお話でしたv-398
機会があったら、是非拝読させていただきたいものですね。
かぁーにゃんさんが保護された子達の、今の幸せを見るたびに、胸が熱くなってきます
この世に生を受けた、子猫や子犬のあどけない顔が、不幸な色に染まることの無いようにと思わない日はありませんよね。



みちもんさまへ☆
ありがとぉございます☆

昔から居た動物たちでさぇ自分たちだけが住む世界のよぉにしてしまって
居場所を無くしておいて、害獣と扱うのも人間。
可愛いから、珍しいからと、ブランド品の様に
手にしては使い捨て、金銭目的だけで命を無理やりに増やして
は捨てるのも人間。
そうして犬や猫たちは殺されているのに。

助けた命でさぇ騙し取り虐待する人間は平気で生きていて。

そんな堂々巡りのような悲しい出来事ばかりの世の中で
将来はどぉなるんだろぉと・・。

きっと未来は明るいと、信じて願うばかりですね。
つい目をそむけたくなることなのにと、
本当に嬉しい気持ちになりました。

一冊本もし良かったら、お送りします。
是非にとお許しも頂きました。

メールフォームからご住所くださいな(*^。^*)
押しかけたりしませんからー(~_~;)


かーにゃんさん、
お久しぶりです。
この度はチビ太ママさんにお願いして
私もこの本を読ませてもらうことができました。
小学生の気持に触れることができて有難く思います。
私の住む町の小学生にも、こういう目線で命を見つめる子がいるのかな?
もう、小さい子がいないので分かりませんが
私の子供はこうした意識に触れる機会も、また、
私自身も、こうしたことに気づく親でもありませんでした。
私の住む町の子供たちや学校に教えてあげられたら。と思いました。
飼い猫においては猫の暮らしも、私たちが子供の頃とは随分変わりました。
と、同時に生まれても悲惨な命もあってその違いに苦しくなりますね。
これからまた、今の小学生が私たちくらいの大人になったとき
今以上に猫の暮らしも変わっていて欲しい。。
今、猫と暮らすようになって、そう思います。
なんだか支離滅裂ですが、
とても貴重な一冊です。。

ありがとぉございます♪
キラリンさまe-267
ご無沙汰しておりますe-466
タレパンダちゃんふたりともお元気そぉでe-266e-264
あのご本手にしてくださったんですねe-267
みなさまのお心でたくさんの方が手に目にして
感銘受けてくださっていること、彼も彼のご家族も
喜んでくださっていますe-266
彼は中学生活を満喫しながら、猫たちはお世話は母さまでも、彼が帰るとわなわなと集まるとe-266
e-251たちは優しいお兄ちゃんが大好きなんですねe-267
最近も近くで足を切られたe-251の虐待事件を聞きましたe-263
助かりご縁も得たんですが、そんな人間が情けないですねe-263
けれど、こぉしてきっと少しずつ良い輪も広がると
信じて過ごしていきたいですねe-267
めぐりめぐってキラリンさまも手にしてくださったお気持ちを
また私にも、伝えてくださって
ありがとぉございますe-266
プロフィール

かぁーにゃん

Author:かぁーにゃん
長女ちょびは2010年5月に
次女モカちょは2014年7月にお空へ☆
うちのこは、黒猫2匹となりました♪
真っ黒ゴリラ達とのうだうだな生活と、
友達・家族にゃんことの
日常なんかをまったりと♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
☆明日への活力☆
☆応援してね☆
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。